男性

堅実的な人におすすめなみんなで大家さん|確実に収入を得る方法

中古と新築の違い

紙幣とつみき

新築と中古の特徴

マンション経営をするには投資マンションを購入する必要があります。どんなマンションを選ぶかによって、マンション経営が上手くいくかどうかが決まるので、慎重に選ぶことが大切です。投資マンションは、新築と中古の二つに分けることができます。今は新築よりも中古マンションのほうが人気です。中古マンションのほうが安く購入できて、利回りが良いとされているからです。ただし、あまりに古いマンションだと入居者確保が難しくなります。新築マンションは当然中古よりも高いので利回りは良くないです。しかし、真新しいピカピカのマンションに住みたい人はとても多く、募集すると入居希望者が沢山来ます。中古よりも空き室リスクが低く、入居者を確保しやすいのが新築のメリットです。

新築なら一括借り上げ

土地を購入し、そこに新しく投資用マンションを建てる場合は、一括借り上げをすると安心です。マンションをサブリースした不動産会社が、代わりにマンション経営をしてくれるのが一括借り上げです。入居者の募集はもちろんのこと、入居者の家賃管理やマンションの管理等も、すべて不動産会社がしてくれます。一括借り上げは新築マンションによく利用される家賃保証の一つです。特にまったくのマンション経営初心者の人は、一括借り上げをするケースが多いようです。入居者の確保が難しい中古マンションは、一括借り上げができない場合があります。しかし、新築のマンションなら入居者が見つかりやすいので、不動産会社としては一括借り上げのしがいがあります。